Shop Information

はじめてのごはん。

生活用品
本館5階/和食器売場

タイトル.jpg

日本に古くから伝わる「お食い初め」。

赤ちゃんが誕生し、お名前がつき、ひと月めにはお宮参りをし、
そして百日目ごろ、百日の祝い(ももかいのいわい)とも呼ばれる儀式をします。
お家のなかの威厳ある年長のおじいちゃまやおばあちゃまなどに赤ちゃんを抱っこしてもらい、
「どうぞ、この子が一生食べものに困りませんように」と願って食べさせるまねをします。
お膳は地域にもよりますが、多くはお赤飯か白米のご飯、おかしら付きの焼き魚、煮物、香の物に、鯛のお吸い物を基本に、
紅白のお餅を5つ、「赤ちゃんの歯が丈夫になりますように」と小石、
「しわしわになるまで長生きしますように」と梅干しを添えたりします。

離乳食.jpgブナ ベビー ナーサリーセット 〈税込〉8,250円







手のひらの中でベビーにゆったり離乳食を食べさせてあげてください。
成長にあわせて、おかずのうつわや、ヨーグルトなどのデザート皿に。
お子さまが大きくなった頃にはテーブルウェアとしてジャムやバター、はちみつ、薬味や岩塩、スパイス入れに。
またキッチンやバスルームに置いて、リングやピアスなどのキーパーとしてお使いいただいても便利です。
離乳食2.jpg手のひら皿と、食べさせスプーン 〈税込〉6,600円